認証プログラム

森林

繊維

パームオイル

農業

  • Globalgap認証
    Tesco Nature's Choice(TNC)

有機農業

  • EU Organic(EEC Regulation Nos. 834/2007 and 889/2008)
  • 有機JAS(日本以外の各国)
  • USDA/NOP
  • AB(France)
  • Bio Suisse Inspection
  • Naturland Inspections
    BRC(British Retail Consortium)
  • コーヒー
  • UTZ CERTIFIED Coffee
  • Starbucks(C.A.F.E.)

食品

  • HACCP(食品)
  • ISO 22000:2005(食品)
  • VVAK(Netherland)(食品)

ISO 

  • ISO 9001

水産 

FSC®(Forest Stewardship Council®)森林認証

 

 

FSCは1993年10月にカナダで26カ国130人の代表者らにより設立大会が開催され創設されました。

FSCは世界の森林が環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な管理を推進することを目的としています。FSC本部はドイツのボンにあり、FSC FM認証は81カ国、FSC CoC認証は94カ国で普及されています(2009年3月現在)。

FSCは広範囲にわたる組織や個人に開かれた会員制組織です。FSCのメンバーシップは3つのグループ(環境・社会・経済)から成り立っており、FSC及び各グループの原則や規準に関して積極的な姿勢で行動しています。さらに各グループには北と南のサブグループがあります。3年ごとに開催される総会では3つのグループに平等の投票権が与えられ、環境・社会・経済の均衡が考慮されています。

FSC認証の基準や方針はFSC国際本部により策定されますが、FSCは直接、審査・認証業務は行いません。FSCに認定された認証機関がFSCの基準等を基に世界各国で審査・認証を行います。FSC認定の認証機関は世界に21機関あります(2009年6月現在)。

FSC認証には森林管理の認証(Forest Management - FM)認証と製造・加工・流通過程の管理の認証(Chain of Custody - CoC認証)があります。

Control Union Japanは認定された認証機関であるControl Union Certificationsの認証サービスを推進しています。

 

FSC FM認証

FM (Forest Management) 認証とは森林を対象とした認証で、森林管理が環境に配慮し、社会的利益にかない、継続的な経営が可能かを審査・認証します。FM認証の基準は10の原則と56の規準を基に作られています。

【10の原則】
1. 全ての法律や国際的な取り決め、そしてFSCの原則を守っている。
2. 森林を所有する権利や利用する権利が明確になっている。
3. 昔から森に暮らす人々の伝統的な権利を尊重している。
4. 地域社会や労働者と良好な関係にある。
5. 豊かな収穫があり、地域からも愛され利用されている森である。
6. 多くの生物がすむ豊かな森である。
7. 調査された基礎データにもとづき、森林の管理が計画的に実行されている。
8. 適切な森林管理を行っているかどうかを定期的にチェックしている。
9. 貴重な自然の森を守っている。
10. 人工林の形成が、自然の森に影響を及ぼしていない。

 

FSC CoC認証

CoC (Chain of Custody) 認証とは、製造・加工・流通過程における認証制度です。FSC認証材を使用して作られた木材由来の製品を取り扱う各工程でCoC認証の要求事項に満たしているかを認証する制度です。最終製品が出来上がるまでの各工程でFSC認証製品の所有権を持つ組織は認証取得の対象となります。最終製品ができるまでの各工程で認証を取得することにより、森林から最終製品までの全工程を管理の連鎖(Chain of Custody)が繋がり、製品の追跡を可能とします。また認証を取得することで製品にFSCロゴを付けることができ、他の製品との差別化を図ることができます。